散歩しながら楽しい出会いを探しています!


by birdybirdy

<   2008年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

西の魔女

b0009653_1792351.jpg


「西の魔女が死んだ」は本で読みました。
この本が最近映画になったようで どんな話しだったかな~と思い出したりしています。

幼い頃の記憶を辿ると 私も祖母に預けられていた頃がありました。
ウチの「西の魔女」はしつけの厳しい人で
食事のマナーは勿論、「敷居を踏むな」とか、「嘘をついてはいけない」とか
兎に角、あらゆる事に口うるさかったように覚えています。

この「西の魔女」は雨の日に特に敏感で、雨が降り出すと用事がなければ
めったなことで外出はしません。
そして、部屋の中で縫い物をしたり、掃除をしたりして過ごしていました。

子どもの自分にとっては、部屋の中で一日を過ごすのはとても退屈なことで
雨が小降りになってくると
「もう外で遊んでいい?」
と祖母に尋ねました。
すると祖母は
「まだ雨がやんでないだろう」
といって許してくれません。
しばらくは我慢をするのですが、やっぱり我慢できなくなります。

そこで また、
「もう いい?」
と祖母に尋ね、祖母が
「まだ 降ってる」
と返します。

こんな会話が何度か繰り返されたあと 何度目かに
「もう外で遊んでいい?」
と尋ねたとき、祖母から意外な返事が返ってきました。

「鳥に 聞いてみたか?」
「・・・???」
何のことだろうと思って祖母の顔を見つめていると 祖母がわけを話してくれました。

「雨がやむとな、一番最初に鳥が外に出てくるんよ。そんで雨のやんでるのを見つけると
『もう、雨がやんだぞ! みんな 早よ出てこいよ!』 『早よ 出て来いよ!』
と鳥たちが仲間を呼びあうんよ。
だから 雨がやんだかどうかは 鳥の声を聞けば分かるで 聞いてみろ」
というのです。

自分は 耳を澄まして、外の様子をうかがいました。
でも、聞こえるのは 雨音ばかりでした。
「鳥、鳴いてないね」
「鳴いてないな」
そこで諦めて自分は落書き帳を引っ張り出して、絵を描いたり、
粘土で動物を作ったりして暇をつぶすのでした。

そして、しばらくして鳥が鳴き出すと
「鳥が鳴いた! 外にいっていい?」
と祖母に訴えて外で遊ぶのを許してもらういました。

その後 雨が降って外に出られない日には
「鳥、鳴いてる?」
「鳴いてないな」
などとという会話が祖母との間で交わされるようになりました。

今でも 私は雨の日には 鳥の声に耳を傾け 雨がやんでいるかどうかを確かめる癖があります。
そして 同時に あのしつけに厳しかった祖母のことを思い出すのです。




人気blogランキングへ




 
[PR]
by birdybirdy | 2008-07-11 18:00 | ・その他

ジメジメ地面・・・

b0009653_13212196.jpg


毎日ジメジメしているなぁ・・・

ジメジメ・・・ジメジメ・・・ジメジメ・・・

地面もジメジメだなぁ・・・

ジメジメ・・・ジメジメ・・・ジメジメ地面・・・

地面がジメジメかぁ・・・

地面がジメジメは・・・・・湿地だなぁ・・・

・・・・・・・・!!!

そうだ!・・・湿地へ行ってみよう!

というわけで、湿地へ行って来ました。

するととても小さなトンボがいました。

ハチョウトンボと言うらしい。

飛び方も普通のトンボの様に

スーイ、スーイ じゃなくて。

ぶーぶーぶー みたいな感じ。

可愛い飛び方です。^-^


人気blogランキングへ
[PR]
by birdybirdy | 2008-07-03 13:29 | ・昆虫